塾の先生とは

一方、塾の先生は本職にしている方もいますが、アルバイトでしている方が多いです。個別指導にしろ、集団指導にしろ、他のアルバイトに比べ時給も良く、人気のアルバイトです。塾生は生徒であると同時に、お客様でもあるので、若干、失礼な態度をとってきても、流すことが大切ですが、信頼を得れば、本音を言える大人と見てもらえます。

実のところ、入塾したら、それだけで成績が上がるというわけではありません。塾で習ったことを自分のものにしなければ、成績は上がりません。しかしながら、一部、塾生とその親は、夏期講習にも参加した、〇年間、この塾に通っている、それなのに成績が上がらないのは、先生の指導力がないからだと苦情を言って来る方もいます。それはお子さんが勉強しないからでしょう?と言いたくなることもありますが、そこはぐっと我慢して、不満解消、問題解決に努めることが必要となります。

また、塾での学習指導は、補習校的な位置づけであれば教科書レベルですが、受験対策となると大人でも頭を抱えてしまうような問題も中にはあります。優しい問題でも、難しい問題でも、基本は同じで、勉強する楽しみを教え、応用力をつける指導を目指します。そして、最終的には、この先生について行けば大丈夫、成績は上がる、志望校に合格できると思わせましょう。